あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

良い歯科医の選び方エントリー一覧

良い歯科医院とは?
口臭が自分の口から出ていても全く気にしないという人は、あまりいないと思いますが、普段から口臭を意識するとなると、切っても切り離せないのが歯の健康です。歯垢や虫歯からも口臭はしますから普段から歯を手入れすることはとても大事です。そして歯医者は歯の健康を検査してくれる人ですが、多くの人は虫歯で歯が痛いとか、親知らずが出てきて悩んでいるとか、何かトラブルのあった時にしか歯科医院に行くことが無く、定期的な歯の健康診断も受けていないのではないでしょうか?私もそうでしたが、また行きたくなるような歯科医院って...
歯科医院の診療科目〜一般歯科
口臭が最近気になりだしたとしたら、まず最初に疑うのは歯に歯垢や歯石が溜っていないか、虫歯になっていないかだと思います。歯垢だけならまだしも歯石や虫歯の処置となると自分でするのは難しく、歯科医院で取り除いてもらわないといけないでしょう。歯石や虫歯などの治療は一般歯科で診てもらえますが、それ以外の難しい治療となると、歯科医院も診療内容の科目に分けて専門化しているところが多くなっています。それでは、歯科にどんな科目や種類があるのか見てみましょう。歯科医院の診療科目の分け方は同じ治療内容でも、その医院に...
歯科医院の診療科目〜小児歯科
小児歯科とは、子供の患者を診てくれる歯科のことです。小児の範囲についてはその歯科医院の方針によるので、永久歯が萌え揃う学童期(12〜13歳)までを小児歯科としているところもあれば、ほぼ歯並びが固定してしまう18歳までを対象にしたり、障害者では20歳を超えても小児歯科で治療するところもありマチマチです。一般的には成人(20歳)までを診る小児歯科が多いような気がします。子供の歯というのは、生後6ヶ月を過ぎる頃から歯が生え始め、永久歯が揃う13歳くらいまでの間に、すごく速いペースで変化(成長)していき...
歯科医院の診療科目〜矯正歯科@
歯科医院の診療科目として矯正歯科というのがありますが、これは皆さん良くご存知の診療科目でしょう。矯正歯科での治療を受けたことがない方でも、どういうことをする診療科目なのか想像がつくと思いますが、矯正歯科治療は簡単に言うと、正しくきれいな歯並びや噛み合わせを作るための治療方法のことです。歯列矯正とも云いますが、歯並びの不正を単に見かけだけできれいに並べるのではなく、悪い位置にある歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、顎が正しい方向に動くようにして、咀嚼器官や顔の形、歯と歯茎の機能回復を図り、噛み...
歯科医院の診療科目〜矯正歯科A
矯正歯科での治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?これについては患者一人ひとりの歯並びの状態で全く変わってくるでしょう。歯並びが固定してしまう18歳までであれば、治療開始年齢にもよりますが6ヶ月〜2,3年以上はかかるものと思います。成人してからの永久歯列を矯正する場合は1〜3年位の範囲ではないでしょうか?いずれにしても長期間に及ぶ治療となるでしょう。矯正歯科治療は子供の頃でなければ出来ないと思い込んでいる人もいるようですが、決してそんなことはありません。矯正歯科治療は何歳からでも始められ、矯正...
歯科医院の診療科目〜審美歯科@
審美歯科という診療科目を掲げる歯科医院が最近多くなってきたように感じますが、審美歯科治療というのはどういうことを行うのでしょうか。歯の健康というと、虫歯や歯周病といった歯や歯肉の病気を治す、機能的な側面を持つ歯科治療と、歯並びや歯の白さ、口臭の有無など治療・指導する審美的な側面を持つ歯科治療とに分けることができます。審美歯科の治療範囲はその歯科医の考え方によって変わってくると思われます。単に見た目の美しさを整えるだけでなく、きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあるという考え方の...
歯科医院の診療科目〜審美歯科A
審美歯科とは何か?というところは「歯科医院の診療科目〜審美歯科@」で説明しましたが、審美歯科治療で行われる実際の治療内容や使われ歯の素材について見ていきたいとおもいます。  審美歯科で行われる治療には矯正歯科やインプラント歯科の範囲もふくまれている病院もあるようですから、審美歯科医院の選択は治療目的や治療範囲に合わせて検討されると良いでしょう。オールセラミックオールセラミックは優れた歯科素材だと思います。最も生体親和性が高く耐食性にも優れ、自然な光を透過する美しさだけでなく、硬過ぎるために他の歯...
歯科医院の診療科目〜歯科口腔外科
歯科医院の歯科口腔外科という診療科目をご存知でしょうか?一般的に歯科口腔外科の診療領域というと、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療など、齲蝕(虫歯)や歯周病の治療を除いた顎口腔領域における外科的処置を中心とした診療科目になります。こういう風に云うと歯科口腔外科は特殊な診療科目のような感じがしますが、一般外科の一分野であると同時に歯科の一分野でもありますから、難しい診療科目に違いないと思います。歯科口腔外科は外科と名が付くので、口腔に及びその周辺組織に関する外科的治療を担当すると認識されて...
歯科医院の診療科目〜予防歯科
予防歯科という歯科医院の診療科目がありますが、これからの歯科は予防歯科の重要性がどんどん高まってくると思われます。今まで長い間、日本における歯科医院の仕事は、歯が痛いといって来院する患者の歯を、何故痛みがあるのかどれくらいの痛みなのかを判断して、痛みの原因を治療することが主な仕事でした。しかしこれからの歯科は、う歯(一般的には虫歯)や歯周病で悪くなった口腔内の部分治療を行うのではなく、どこも悪いところはない健康な状態を維持することが重要であり、予防歯科の目指すところです。歯や歯茎が悪くなる前に、...
歯科医院の診療科目〜訪問歯科
訪問歯科というのは、自宅や施設で介護を受けていたり、身体が不自由で歯科医院まで通院することが困難な方々に、歯科医がその場所まで出張訪問して歯科治療を行う医療サービスのことです。訪問歯科(在宅歯科診療)はまだ馴染みが薄いかもしれませんが、介護保険制度が始まった2000年4月頃から、歯科医が患者の自宅へ訪問する訪問歯科が徐々に増えてきているのです。要介護の高齢者の方では、歯医者に通院したくてもできない人が沢山いますから、高齢者を治療するには医者の方から出向いて行くのがごく自然なことです。ただ、歯科治...
歯科医院の診療科目〜インプラント
歯科医院で行われるインプラント施術とはどういうものかご存知でしょうか?単にインプラントというと、何らかの原因でなくなった身体の一部や傷を負った部位に、人工的に作られた関節や腱、義歯、血管などを埋め込むための台となる代替物のことを言い、歯科医院でのインプラントは、デンタルインプラント(dental-implant)と言います。デンタルインプラント(以下インプラントという)は第二の永久歯ともいわれますが、虫歯や歯周病、あるいは何かの怪我などで歯を失ってしまった場合に、顎骨に歯の支えとなるインプラント...
口臭外来で気になる口のニオイを検査(1)
口臭外来・口臭治療という診療科目を掲げる歯科医院・病院が最近大学病院を中心に増えてきているようです。口臭外来というのは口臭の治療を専門的に行う病院・歯科医院のことで、口臭に対する悩みを抱えている人が増えているので、専門医院も多くなってきました。口臭外来を訪ねると、口臭の濃度を正確に測定するハリメーター等の口臭測定器が備えられていて、客観的に口臭がするかどうか判定されますし、その口臭の原因も検査することができます。口臭に限らず、汗の臭い、ワキガ、足臭、加齢臭、など臭いの感じ方は人によって個人差があ...
口臭外来で気になる口のニオイを検査(2)
「口臭外来で気になる口のニオイを検査(1)」からの続き大学病院などの口臭外来を受診した場合、最初に生活習慣に関する「問診」が行われ、生理的口臭なのか、病的口臭が考えられるのかなどを検討します。次に医師が直接口臭を嗅ぐ「官能試験」をされますが、このときに口臭が感じられない場合は、心因性口臭が疑われるでしょう。そして実際に口臭がどんな種類のものなのかを、口臭測定器などの機器を使って呼気を化学的に調べ、口臭の有無や原因を追求する口臭検査が行われます。最も精密な口臭検査というと、「ガスクロマトグラフィ」...
歯科医院の診療科目〜歯周病治療
歯周病というのは歯の病気のひとつですが、それを診療科目のひとつとして表示している歯科医院も多いです。なぜなら歯周病は「歯の生活習慣病」と言われ、35歳以上の約8割の方が歯周病になっているという実態があり、歯科医院での治療ケースが多いため、ひとつの大きな診療科目として取り扱うわけです。歯周病は、虫歯(う蝕)とともに歯を失う大きな原因になっていますが、ほとんど痛みがなく進行していくので、気がつかないときは抜け落ちてしまう寸前といったこともありがちです。歯周病は生活習慣病ですから、普段から丁寧なブラッ...
歯科医院の診療科目〜顎関節症治療@
歯科医院の診療科目に顎関節症(がくかんせつしょう)治療というのがあります。顎関節症治療を歯科口腔外科に含めることもできますが、顎関節症の治療を専門に行っている歯科医もあり、歯科医院の診療科目としてその内容を見てみたいと思います。まず、顎関節症(がくかんせつしょう)という病気は、どんな症状があるのでしょうか。病名のとおり、あごの関節の病気だという事は判りますが、もしかするとあなたも顎関節症治療の必要があるかもしれません。顎関節症の3大症状としては、口を開ける時に「ポキッ」と音がする、口が大きく開か...
歯科医院の診療科目〜顎関節症治療A
顎関節症はあごの関節周辺に問題がある疾患です。顎関節症治療という歯科医院の診療科目があり、顎関節症の症状・原因などは「歯科医院の診療科目〜顎関節症治療@」で解りましたが、次にどういう治療を受けるのかを見てみます。顎関節症の治療の場合、その症状と原因が様々なので、治療法も色々あります。顎関節症は歯科医院だけが治療できる疾病ではなく、整体・カイロプラクティック、整形外科などの他、精神的原因でアゴが痛んでいる場合は、精神科や心療内科を受診することもあります。顎関節症を発症して長期的に物を食べられない、...
良い歯科医の見つけ方(1)
良い歯科医とはどんな人でしょうか?歯科医院の数は厚生労働省の調査資料によると平成21年度で個人・法人をあわせた施設数は68097院となっています。昨今の人口減、少子高齢化等の社会現象から定期健診に通うことが少ない等のため、歯科医院への受診が減ったことからみても現在の歯科医院は過剰な状態となっています。最近では定員を減らしている歯科大学もあるほどです。それほど競争が激しくなった歯科医院は生き残るために、なんとか患者さんを呼び込もうと宣伝費にお金をかけたり、過剰な治療をして診療報酬を割り増しするなど...
良い歯科医の見つけ方(2)
「良い歯科医の見つけ方@」に続いて良い歯科医の条件、ポイントをみてみます。ここに上げる良い歯科医の条件・ポイントに全て当てはまる、良い歯科医というのはないと思いますが、歯科治療は風邪で内科を訪ねる様に1回で終わりということは少なく、1箇所の治療に何回も通わないといけないことが多いので、一度治療が始まってしまうと歯科医を簡単に替えられないこともあります。自身の体の健康を委ねる医療機関選びですから慎重に行いたいところです。Aレントゲン歯科治療でもレントゲンをとることは非常に重要な医療行為です。初めて...
良い歯科医の見つけ方(3)
C治療説明と原因説明歯科医に限ったことではありませんが、医療行為を行う前に患者に説明することは非常に重要で大切なことです。インフォームド・コンセントは1997年の医療法改正によって法律に明記されましたが、治療の内容や期待できる効果、代替治療のこと、副作用、費用なども正確に患者に伝えられたうえで治療に当たるべき説明責任が医師にはあります。この、説明=インフォームド・コンセントをするかしないかということも、良い歯科医を見分けるための最重要ポイントといえるでしょう。虫歯になって歯医者に駆け込み、「説明...
良い歯科医の見つけ方(4)
E歯科設備の充実度良い歯科医の見つけ方として、歯科設備の充実度もあげられると思います。設備が整っているからといって、必ず良い歯科医であるとは限りませんが、最新設備の導入は治療技術を補ったり、診療時間の短縮につながります。また、一定レベルを超えた治療が必要になる場合は、その歯科設備を保有しないために転院しなければいけないということも起こります。いくつか歯科設備を見てみます。・デジタルレントゲン装置従来のレントゲンシステムと比較して被爆線量が大幅に少なくなり、現像液も使用しないので特有の臭いもありま...
良い歯科医の見つけ方(5)
F休診日のチェック良い歯科医の見つけ方のポイントのひとつとして休診日についてもチェックしておきましょう。一般的なサラリーマンや公務員といった人の休日は土曜日・日曜日が多いと思いますから、歯科医院で治療を受けるのも土曜日・日曜日の方がありがたいと思います。そして最近は歯科医院も競争が激しいので、患者さんの利便性を考えて「土日祝日も診療します」というところが増えてきました。患者さんにとってみれば平日は忙しくて歯医者に行けず、虫歯が痛むのを我慢している人もいるでしょうから、休日診療できる歯科医は大変あ...
良い歯科医の見つけ方(6)
H治療体制歯科医(院長)1人で患者さんの全てを治療している歯科医院というのはまず無いと思います。歯の治療も患者さんを診察台に座らせてから、実際に治療にかかるまでに虫歯や歯ぐきの状態をチェックをしたり、歯型を取る準備やレントゲン、歯石取り、ホワイトニングなどスタッフ・歯科助手にできる範囲が広いです。そのためひとりの歯科医(院長)以下数人でチームを組んで、治療に当たっているわけですが、良い歯科治療を行うためには基本的に担当制を導入している歯科医院の方が患者さんのためには良い体制だと言えます。担当制と...
良い歯科医の見つけ方(7)
Jゆとりのある歯科医を選ぶ口臭の原因の8割は口の中にあると言われますから、良い歯科医にかかることは口臭の発生リスクも低減できると私は考えています。良い歯科医の見つけ方のひとつとして「ゆとりのある歯科医」を見分けることも大切なのではないかと思います。ゆとりというのは余裕とも言えますが、「時間的ゆとりを持った診療」「ゆとりのある歯科医院経営」「心にゆとりをもった患者への接し方」をもっている歯科医が理想的です。「時間的ゆとりを持った診療」・・・診察室が患者で一杯で時間に追われている歯科医に診察してもら...
悪い歯科医の特徴
悪い歯科医にはかかりたくないのは誰もが思うことです。下手な歯科医に口臭外来で相談したところ、悪くない歯の治療までさせられて、高額の治療費を請求されたなんてことにならないように、悪い歯科医の特徴は知っておきたいものです。昔から信用がおける歯科医を知っているのであれば歯科医選びに悩むことはありませんが、引越しや、転勤したばかりで歯科医院の情報がないという場合は、インターネットで近所の歯科医院を検索して口コミをみたり、するくらいしかないでしょう。初めて行く歯科医院が良い歯科医なのか悪い歯科医なのかは、...
良い歯科医の特徴
良い歯科医の選び方は難しいところがありますが、良い歯科医の特徴にはどんなところがあるでしょうか?例えば自分の親が一般歯科であるA歯科医院の古くからの患者で、悪くない歯科医だということは知っていたとしても、それがあなたにとっても良い歯科医かどうかは別問題で、治療したいのが口臭であれば口臭外来を受診しないといけませんし、親とトラブルがなくても、A歯科医と自分の性格的な相性が合わなかったときなどは良い歯科医とは言えなくなります。このように誰がその歯科医院を訪れても100%完璧な歯科医はいませんから、自...
良心的な歯科医とは?
歯科医を選ぶ時の判断基準はいろいろあると思いますが、あなたはどのようにしてかかりつけの歯科医を選んでいるでしょうか?「治療が上手だと評判になっている」「新しくできた医院で設備が最新」「治療が丁寧で早い」「詳しい説明をしてくれる」「家から近い」「治療費が安い」「やさしくて男前」など、いろいろあるでしょう。私の場合は、治療内容のメリット・デメリットを含めて分かやすく説明してくれて、予約時間にきちんと始まり治療がテキパキとスピーディー、スタッフがしっかりしており、治療費が安くて済むところを探します。例...
良い歯科開業医とは?
歯科開業医(診療所)に従事している歯科医は、日本歯科医師会の調査によると平成20年12月末現在で、84613人(85.1%)あり、病院に従事している歯科医は12061人(12.1%)となっています。そして84613人のうち、59560人(59.9%)が歯科医院・クリニックの開業者とのこと。これだけたくさんの歯科開業医が全国にいるわけですが、できれば良い歯科医にめぐり合いたいと皆が思っていることでしょう。歯科開業医選びは、実際にコンタクトをとって判断するのが一番良いのですが、良い歯科医院が見つかる...
歯科医のセカンドオピニオン(概要)
歯科医師でも医師と同じようにセカンドオピニオンを求める患者さんが徐々に増えてきたので、他の歯科機関でセカンドオピニオンを聴くように薦める歯科医も増えてきているようです。セカンド・オピニオンというのは直訳すると、「第二の意見」ということになりますが、主治医以外の歯科医師に診断や治療方針について「意見」または「意見を求める行為」をすることです。歯の治療であっても審美治療や矯正歯科、インプラント、高価な入れ歯、重度の歯周病など多額の治療費が必要な場合や、その治療方法も歯科医によって取るべき方針が異なる...
歯科医のセカンドオピニオン(探し方・費用等)
歯科医によって意見や考え方、治療方針は違います。長年お世話になっている歯科医がいて、初めて入れ歯をしようと思ったとしても、その主治医はインプラントのメリットを訴えて勧めるかもしれません。そんなときはセカンドオピニオンに意見を求めて、すっきりと納得したうえで治療を受けたほうが良いでしょう。歯科医院ではセカンドオピニオンを行っていないところも多いので、まずは電話でセカンドオピニオンができるかどうか問い合わせてみます。例えば「○○を治療をしたいのですが、治療の前にご相談だけさせて頂くことは可能でしょう...
小児歯科医院の上手な選び方
小児歯科医院の選び方も慎重にしたいところですよね。まだ小さいお子さんだと、子供がなつくような対応を先生やスタッフがしてくれるのか?子どもが泣いても治療してくれるだろうか?治療方法や歯並び、生え変わり時の注意・アドバイスなど分かりやすく説明してくれるだろうか?小児歯科認定医または小児歯科専門の先生がいる歯科医院だろうか?などが選び方の条件になってくるだろうと思います。また、子供に矯正治療を施す場合は、歯の成長の様子を見ながらの治療になりますから、長期間通院する必要があります。そのため無理なく通院で...
名医と出会うのは難しい?
歯科医院に行かなければいけなくなったとき、行きつけの歯医者がない場合どうやって決めますか?とりあえず一番近い歯医者?家族や知人のおススメ?ネット検索して評判の良い歯科医を探す?などいろいろ決め方はあるでしょうが、急にはなかなか名医とは出会えないものです。この場合の名医とは、歯科医としての技術や知識もさることながら、治療方針が自分の考えと合致し、治療説明も充分にするなど相性の良い医者という意味です。東京都にはコンビニと歯科医院どちらが多いと思いますか?09年頃のデータですが、コンビニ6200店に対...
歯科医の口コミ・評判
良い歯科医の選び方・見つけ方の方法となると、口コミや評判といった情報は非常に重要です。インターネットがなかった時代では、口コミや評判は今よりももっと重視されていたのではないかと思います。昔は良い歯医者を探そうとすると、人の噂でよく流行っている(混んでいる)歯科医院を聞いて、それからどんな先生なのか、どこの歯科大学を出たのか、治療は上手なのかなど人伝に聞いたうえで、選んでいたように思います。人の噂・評判などは伝える人によって、コロコロと見方が変わるので100%信用できるものではありませんが、何も予...
虫歯治療の歯医者さん選び
虫歯の治療にも軽度治療から中度、重度、末期とあり、中度や重度・末期となると歯医者さんの知識や技量の差があとあとまで大きく影響してくることがあります。末期の虫歯となると、もう抜歯するしかないのでしょうが、他の歯への影響や歯周病にならないような治療はしておかなければいけません。虫歯で歯が痛み出して急に歯医者さんを探さないといけなくなったという場合、良い歯科医院を選んでいる時間がないということもあるかもしれませんが、下手な歯科医にかかると、まだまだ使える歯も抜かれてしまいますから、後の祭りにならないよ...
衛生的な歯科医院を選ぶ
良い歯科医院の選び方と一言でいっても、その基準は個人による主観が入りますから、ここまでは良い、ここから悪いという線引きはできないところがあります。衛生的な歯科医院も良い歯科医院だという条件をつけるなら同じように決まった基準というのは難しいですが、清潔で衛生的な歯科医院で治療を受けたいと誰でも思われるでしょう。汚い歯科医院の方が好きだという人はいませんよね。衛生的な歯科医院は良い歯科医院かというと、それは衛生的だから良い歯科医院という意味ではなく、良い歯科医院は衛生面も優れていると理解すべきでしょ...
歯科医院の治療費
歯科医院の治療費についてはそのかかる歯科医院によってかなり差があると感じたことはありませんか?「あの歯医者の治療費はすごく高かいわよ」などと口コミや噂で聞くこともよくあるのではないでしょうか。治療費が高いから良くない歯科医だとは決めつけられませんし、単純に口コミで高い歯科医院だと聞いたとしても、その治療内容が特殊な材料を使ったインプラント治療だとすれば、何十万円もする治療費になったとしてもおかしくありません。保険が適応する治療では使用する歯科材料や保険料が決められているので、通常は歯科医院によっ...