あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭・予防と対策−水分補給A

口臭・予防と対策−水分補給@からの続き

 

口臭予防と対策としての水分補給についての続きになります。
口臭対策として、「水分補給」は絶対に欠かせないですから忘れないで下さいね。
朝食は必ず摂りましょう。
午前中に起こる空腹時口臭を防ぐことができ、唾液も多く分泌されるので口内環境が改善されます。

 

また、口臭の防止に『和食』が効くということを聞いたことがあります。
和食を食べることで本来の口の中の生理機能を取り戻し安定化してくれるといいうのです。
和食が口臭に対して良い理由としては、 
・口臭を引き起こす臭気物質が少ない
・よく咀嚼できるので唾液分泌訓練につながる
・食べかすが口の中に残りにくい
・低カロリーで栄養のバランスが良い
となります。

 

次に適度な水分の補給方法について触れておきます。
水分の補給は、唾液を確保して口臭を抑えるためにも有効な手段ですが、水分なら何でもいいわけではありません。
起床時のブラッシングのあとに、200ccから250ccの水分を補給します。
これで、唾液の分泌が促されるので、朝食もしっかり摂ることができます。
食間などの空腹時にはコップ1〜2杯程度分の水分を補給し、運動をして汗をかいた後にも適度に水分補給しましょう。

 

一日に1リットル位は飲むとよいと言われています。
飲み物は水かスポーツ飲料がよいでしょう。
ウーロン茶や緑茶は、含まれているポリフェノールが唾液の分泌を抑えてしまうので、飲みすぎはいけませんが、少しであれば口臭を和らげてくれる効果はあります。
コーヒーは口の中を酸性に変えてしまうため、よくありません。
それにコーヒーを空腹時に飲むと、余計に口臭を強くする原因になってまうので注意しましょう。
炭酸飲料やジュース、牛乳などは、糖分が多かったり舌に残りやすかったりして、口臭の原因になります。
そうなると、水分補給には「水」が一番いいということになりますね。

 

起床時の口臭や空腹時の口臭は生理的口臭といいますが、誰でも口臭がするものです。
口内の疾患などがなければ、通常は上記の方法による、うがいや歯みがき、水分補給によって消えるものですから特に気にする必要はないと思います。
あまり気にしすぎると、それがストレスとなって、逆に唾液の分泌量が低下して口臭につながる事も考えられますから、悩みの種になるほど心配するのはよくないです。

口臭・予防と対策−水分補給A関連エントリー

口臭・予防と対策−正しい歯みがき
口臭予防に絶対欠かせないものと言えば、正しい歯磨き方法です。 歯磨きがきちんとできないのに、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−規則正しい生活
口臭の大きな原因のひとつに唾液の分泌量が不足して起こる口臭があります。 唾液の分泌量が不足してしまう理由には、様々考えられますが・・・・
口臭・予防と対策−口臭治療
口臭は唾液の分泌量が大きく影響するのでこれに気をつけたり、歯磨きをしっかりと行なうことによってかなり予防・改善できますが、・・・・
口臭・予防と対策−唾液を出す
口臭をおさえるためには唾液の役割が非常に大きく、唾液の分泌量が減ると口臭も増すということを何度かお伝えしています。 それでは、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−舌をきれいにする
口臭の原因を探る上で、舌の状態も口臭と非常に関係があると考えられています。 そして最近では、歯磨きと同時に・・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診@
多くの人は、歯医者に行くのは、口臭がするから、虫歯の治療のため、歯茎が腫れている、親知らずが痛む、などの場合だと思いますが、あなたもそうですか? しかし、・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診A
口臭についてのアンケートで、東京のサラリーマンに聞いたところ約3割が「口臭がある」と答えたそうです。 これに対して・・・・
口臭・予防と対策−ドライマウス対策
ドライマウスは口臭の発生を促してしまう、良くない症状で、唾液分泌量の低下と口呼吸や口唇閉鎖不全がドライマウスひきおこします。 口臭は・・・・
口臭・予防と対策−水分補給@
口臭対策として、絶対に欠かせないのが「水分補給」ですね。 口臭がするときに、水などを飲むことで・・・・
口臭・予防と対策−水分補給A
口臭対策として、「水分補給」は絶対に欠かせないですから忘れないで下さい。 朝食は必ず摂りましょう。 午前中に起こる・・・・