あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭・予防と対策−水分補給@

口臭対策として、絶対に欠かせないのが「水分補給」ですね。
口臭がするときに、水などを飲むことで解消されるケースが非常に多いです。
口臭の原因である口の中の唾液の分泌量が低下しているので、代わりに水分を摂取して口内を潤すことによって、口臭を柔らけることができます。

 

日常生活を考えて見ると、起床時の口臭が気になったことはありませんか?
睡眠中は、発汗などにより体内や口腔内の水分が奪われます。
そして睡眠中は唾液の分泌量が大幅に低下するので、水分不足と唾液不足が原因となって、起床時の口臭になるわけです。

 

さらに、寝る前の歯磨きを丁寧にしないで、食べかすが残ったままであったりすると、唾液が減少して細菌が繁殖しやすい状態になっているので、口内に残っている食べカスが腐敗・発酵し、ひどい口臭がすることになります。
また、睡眠中に口呼吸をする人やいびきをかく人は、特に口内の水分・唾液が奪われて、口臭も強さが増すので注意しましょう。

 

起床時の口臭の予防と対策としては、つぎのことを実行しましょう。
@起床時は口内に臭いを出している細菌がうじゃうじゃいるので、起きたらすぐにうがいや歯みがきをして、 洗い流します。
A起床時は水分が不足していますから水分補給(200〜250cc位)をして、唾液の分泌を促します。
B口臭予防および虫歯予防として、寝る前の丁寧に歯磨きが大切です。

 

日常生活の中でもうひとつ考えてみると、空腹時の口臭というのがあります。
食べ物を食べると、その食べ物や食べかすが口臭の原因になるのだから、食事をしなければ 口臭はしないと思われる方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
食事中は、咀嚼(食べ物を噛むという作業)することによって唾液が活発に分泌されるので、口内は細菌も少なく口臭もほとんどありません。

 

むしろ口臭が問題になるのは、食後2〜3時間経過した空腹を感じる時間帯です。
食べ物のカスを洗い流す働きがある唾液の分泌量が空腹時には減ってしまい、自浄作用の低下、食物の残りカスの腐敗臭が原因となって口臭がするわけです。
口臭の対策としては食後のおやつが有効ですね(笑)
食べかすを残さないよう、食後のブラッシングやうがいが良いのはもちろんですが、空腹時に水分補給することでも随分とちがってくるようです。
口臭・予防と対策−水分補給Aへ続く

口臭・予防と対策−水分補給@関連エントリー

口臭・予防と対策−正しい歯みがき
口臭予防に絶対欠かせないものと言えば、正しい歯磨き方法です。 歯磨きがきちんとできないのに、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−規則正しい生活
口臭の大きな原因のひとつに唾液の分泌量が不足して起こる口臭があります。 唾液の分泌量が不足してしまう理由には、様々考えられますが・・・・
口臭・予防と対策−口臭治療
口臭は唾液の分泌量が大きく影響するのでこれに気をつけたり、歯磨きをしっかりと行なうことによってかなり予防・改善できますが、・・・・
口臭・予防と対策−唾液を出す
口臭をおさえるためには唾液の役割が非常に大きく、唾液の分泌量が減ると口臭も増すということを何度かお伝えしています。 それでは、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−舌をきれいにする
口臭の原因を探る上で、舌の状態も口臭と非常に関係があると考えられています。 そして最近では、歯磨きと同時に・・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診@
多くの人は、歯医者に行くのは、口臭がするから、虫歯の治療のため、歯茎が腫れている、親知らずが痛む、などの場合だと思いますが、あなたもそうですか? しかし、・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診A
口臭についてのアンケートで、東京のサラリーマンに聞いたところ約3割が「口臭がある」と答えたそうです。 これに対して・・・・
口臭・予防と対策−ドライマウス対策
ドライマウスは口臭の発生を促してしまう、良くない症状で、唾液分泌量の低下と口呼吸や口唇閉鎖不全がドライマウスひきおこします。 口臭は・・・・
口臭・予防と対策−水分補給@
口臭対策として、絶対に欠かせないのが「水分補給」ですね。 口臭がするときに、水などを飲むことで・・・・
口臭・予防と対策−水分補給A
口臭対策として、「水分補給」は絶対に欠かせないですから忘れないで下さい。 朝食は必ず摂りましょう。 午前中に起こる・・・・