あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭・予防と対策−ドライマウス対策

ドライマウス(口腔乾燥症)は口臭の発生を促してしまう、良くない症状で、唾液分泌量の低下口呼吸や口唇閉鎖不全がドライマウス(口腔乾燥症)ひきおこします。
口臭は口の中の細菌の働きで生じる現象と言えますから、ドライマウスによって唾液の分泌量が低下すると、唾液の自浄作用や抗菌作用も低下して、細菌が増加し口臭が発生します。

 

ドライマウス(口腔乾燥症)の治療は、原因がはっきりしているや、ある程度特定できる場合は、その原因の改善か症状の軽減を図ることになりますが、原因がわからない場合は、対症療法として、保湿剤などの口腔ケア剤を使ってドライマウス症状の軽減を図ります。

 

≪主な口腔ケア剤≫
保湿剤:オーラルバランス・アクアマウス・ウェットケア
洗口剤:オーラルウェット
人口唾液:サリベート(医薬品)

 

ドライマウスを防ぎ、口の中の潤いを取り戻すために、最近では口腔粘膜保湿剤を使う人が増えてきています。
歯科医院で取り扱っている保湿剤は、ポリグリセリルメタクリレートやヒアルロン酸配合の保湿剤が主流のようで、さらにジェルタイプのオーラルバランスを使うと効果は高まるということです。

 

また、いびきや口呼吸、口唇閉鎖不全にはスリープスプリント等のオーラルアプライアンスを装着することでドライマウスを抑える事ができます。
保湿剤は、ドラッグストアなどでたくさん市販されていますが、ネット上でも多くのものが扱われているので、一度調べて使ってみてはどうでしょうか?

 

保湿剤の特徴を簡単に挙げておきますと、
ジェルタイプはなにか潤いが滑らかな感じで、保湿力がとても優れています。
マウスウォッシュタイプの物は、くちゅくちゅとうがいして口の中を洗浄しますが、その時に同時に口内も潤してくれるというものです。
マウスウォッシュタイプのものには、殺菌効果がすぐれていて、いい香りがしてすぐ口臭が消えるというものもあります。
口の中が保湿剤でリフレッシュできて、しっかり潤えば、口臭の心配も減るというものです。

 

その他に、漢方薬も口の渇きやのどの渇きなどを治してくれる効果があります。
代表的なものとしては、甘草(かんそう)や益母草(やくもそう)、山査子(さんざし)や陳皮(ちんぴ)といったものが組み合わされて作られ、体調不良にも効果があるそうです。
しかしながら、ドライマウス対策といっても、口臭は細菌の繁殖や歯周病などが原因になることが多いわけですから、口臭予防・口臭対策にはブラッシングが欠かせないことは忘れないでくださいね。

口臭・予防と対策−ドライマウス対策関連エントリー

口臭・予防と対策−正しい歯みがき
口臭予防に絶対欠かせないものと言えば、正しい歯磨き方法です。 歯磨きがきちんとできないのに、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−規則正しい生活
口臭の大きな原因のひとつに唾液の分泌量が不足して起こる口臭があります。 唾液の分泌量が不足してしまう理由には、様々考えられますが・・・・
口臭・予防と対策−口臭治療
口臭は唾液の分泌量が大きく影響するのでこれに気をつけたり、歯磨きをしっかりと行なうことによってかなり予防・改善できますが、・・・・
口臭・予防と対策−唾液を出す
口臭をおさえるためには唾液の役割が非常に大きく、唾液の分泌量が減ると口臭も増すということを何度かお伝えしています。 それでは、口臭が・・・・
口臭・予防と対策−舌をきれいにする
口臭の原因を探る上で、舌の状態も口臭と非常に関係があると考えられています。 そして最近では、歯磨きと同時に・・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診@
多くの人は、歯医者に行くのは、口臭がするから、虫歯の治療のため、歯茎が腫れている、親知らずが痛む、などの場合だと思いますが、あなたもそうですか? しかし、・・・
口臭・予防と対策−歯の定期健診A
口臭についてのアンケートで、東京のサラリーマンに聞いたところ約3割が「口臭がある」と答えたそうです。 これに対して・・・・
口臭・予防と対策−ドライマウス対策
ドライマウスは口臭の発生を促してしまう、良くない症状で、唾液分泌量の低下と口呼吸や口唇閉鎖不全がドライマウスひきおこします。 口臭は・・・・
口臭・予防と対策−水分補給@
口臭対策として、絶対に欠かせないのが「水分補給」ですね。 口臭がするときに、水などを飲むことで・・・・
口臭・予防と対策−水分補給A
口臭対策として、「水分補給」は絶対に欠かせないですから忘れないで下さい。 朝食は必ず摂りましょう。 午前中に起こる・・・・