あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭予防成分(カテキン)

口臭予防成分の第2回目は「カテキン」についてお伝えします。
カテキンというのはフラボノイドの1種で、お茶でいうと渋みの成分です。

 

カテキンには強力な殺菌作用があって、口腔内では抗ウイルス作用を発揮し、胃中では食中毒菌に対する殺菌作用、小腸内においては悪玉菌を減らし、血管に入ると動脈硬化予防に効果があるという優れものです。
そしてカテキンは口臭原因である微生物の繁殖を防ぎ、強い抗菌作用があるので臭い物質を除去してくれるというわけです。
また整腸作用もあるので、胃や腸から発する便臭の予防にも効果があります。

 

前回、口臭予防成分フラボノイドを多く含むものとして緑茶を上げましたが、カテキンも緑茶に多く含まれます。
「ためしてがってん」で実験したことがありますが、緑茶の葉を粉末にしたものを舌で舐めて飲み込みむと、60%も臭い物質が消えると言ってました。
粉末状の緑茶の消臭効果は2〜3時間も持続するそうですから、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

また、別の研究発表ではカテキンを含む水でうがいを1週間続けたところ、歯磨きをしなくても口臭が通常より少なくなったというのもあります。
カテキンの口臭予防はなかなかのものですね(笑)

 

また、カテキンは口臭予防効果以外にも様々な効果が期待できます。
まず、風邪の予防効果があって、ある小学校では子どもたちに緑茶でうがいをさせています。
のどの粘膜に潤いができるため抵抗力を高め、抗ウイルス作用があるためインフルエンザウイルスなどの増殖を防ぐというのです。

 

次に動脈硬化の予防になります。
血管内の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血液をサラサラにしてくれるので動脈硬化に良いわけです。
さらにカテキンの抗酸化力で活性酸素を分解し肌の老化防止になるということですよ。

 

ということで、前回と今回にわたってフラボノイドとカテキンの口臭予防成分をお伝えしましたが、その結果、
緑茶はすばらしい飲み物だということがわかりました。
緑茶にはフッ素も含まれ歯の表面を酸に溶けにくい性質に変えてくれるとか、虫歯菌の繁殖を防ぐとかあって緑茶有効成分のみを抽出した健康食品も数多く開発されています。

 

余談ですが、お寿司屋さんに行くと最後に大きな湯のみ茶碗にお茶が出てきますよね。
寿司ネタの多くは生ものですから、食後の生臭さを消したり食中毒を防ぐためだと聞いたことがあります。
口臭予防成分であるカテキン、フラボノイドを調べるだけでも色々なことが勉強できます(笑)

口臭予防成分(カテキン)関連エントリー

口臭予防成分(フラボノイド)
「フラボノイド」の口臭予防効果についてお伝えします・・・・
口臭予防成分(カテキン)
カテキンというのはフラボノイドの1種で、強力な殺菌作用があり、口腔内では抗ウイルス作用を発揮し、・・・・
口臭予防成分(キシリトール)
口臭予防や虫歯予防にキシリトールが良い?
口臭予防成分(クロルヘキシジン)
口臭予防成分としてクロルヘキシジンがあり、医薬用殺菌薬として・・・・