あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭の成分物質エントリー一覧

臭いの成分の概要
「口臭・悩み解決ステーション」では、生理的口臭・病的口臭・心因性口臭などの口臭の種類や、虫歯・歯周病・呼吸器系疾患・タバコといった口臭の原因などもご紹介していますが、これらの口臭の臭いの成分は一体なんだろうと気になりませんか?口臭は人が生きている限り誰にでもあるもので、普段から意識して予防しないと他人には不快と感じる臭いを知らず知らずのうちに作り出してしまいます。そして口臭は一つの臭いに限られず、色々な特徴を持った臭いがあるのです。口腔内には常に300〜400種類の細菌が存在し、よく磨く人でも口...
VSC(揮発性硫黄化合物)とは
口臭を発生させる主な原因物質はVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれる揮発性の硫黄ガスのことです。口の中の細菌やバクテリアがこのVSC(揮発性硫黄化合物)を発生させ口臭という不快なニオイを作り出している元なんですね。私たちの口腔内の細菌の数を御存知でしょうか?普通の人であれば300〜400種類もの細菌があるのですが、毎食後の歯磨きを欠かさない人でも口腔内細菌数は1000〜2000億個もあり、ほとんど磨かない人の口腔内細菌数はなんと1兆個にもなるそうですよ。驚くべき数の細菌が口腔内に存在するわけですが...
VSCの発生メカニズムと口臭対策
口臭の発生原因であるVSC(揮発性硫黄化合物)はどうやって作られるのでしょうか?VSCが作られるメカニズムは実は舌苔(ぜったい)がポイントとなっています。歯と歯茎の間に挟まった食べかすや白血球、歯ぐきからの出血、口腔粘膜上皮細胞(頬の内側の細胞)などが嫌気性菌の活動によってVSCを生産するわけですが、これが舌表面の後方中央部にたまった舌苔から発生しているのです。自分の舌を鏡で見ると白い汚れが付いているのが見えると思います。これが舌苔と呼ばれるもので、以前はVSCの発生原因が歯周病によるものと考え...
口臭の成分〜硫化水素
硫化水素はVSC(揮発性硫黄化合物)のひとつで、硫黄特有の卵の腐ったような刺激臭を強く放ちます。生理的口臭がする時は0.3PPMくらいの硫化水素が発生しているといわれ、口臭がするだけでなく人体に有害な物質でもあるので、健康にも悪影響をもたらします。臭いの強さはVSCのひとつであるメチルメルカプタン(歯周病患者が発する)ほどではありませんが、硫化水素が長時間発生していることは身体の健康を害って行くことを知っておいてほしいと思います。硫化水素がガンの原因になっている可能性があると警告している専門医も...
口臭成分〜メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド
口臭成分のひとつであるメチルメルカプタン(CH3SH)とジメチルサルファイド((CH3)2S)について解説します。メチルメルカプタンもVSC(揮発性硫黄化合物)のひとつで、キャベツなど野菜の腐ったような臭いがするのが特徴です。メチルメルカプタンは硫化水素と並んで口臭の原因物質の主をなすものであり、悪臭を放ち耐えがたいだけでなく歯周病の原因ともなる物質です。歯周病になっている人の口臭成分を口臭測定器で測定してみるとメチルメルカプタンの割合が非常に多くなっているそうで、人体には有害物質であるために炎...
VSC以外の口臭成分〜イソ吉草酸
口臭の原因物質の主体としてはVSC(揮発性硫黄化合物)になるわけですが、それ以外にも口臭や体臭の元になる成分は多く、20種類以上の物質があるといわれます。アミン類やアルコール類、トリプトファン誘導体、脂肪酸などに分類され、そしてそれらにはアンモニア、イソ吉草酸、スカトール、イントール、アセトン、エタノール、メタノールといった成分があります。イソ吉草酸:イソ吉草酸というのは中高年の口臭にみられるように靴下のムレたような不快な臭いや油の腐ったような臭いです。イソ吉草酸は「揮発性低級脂肪酸」と呼ばれる...
口臭成分〜スカトール
口臭の種類にはいろいろあるわけですが、VSC(揮発性硫黄化合物)以外の口臭成分の一つにスカトールという悪臭成分があります。スカトールの特徴はし尿の臭いがして、アンモニアやアミン類などの窒素化合物系統の臭いです。口臭成分の中でもVSCやアミン類は揮発性があり、ガスクロマトグラフィーやセンサーなどで検出することができるので研究対象としやすく、特にVSCは歯周病や虫歯などと口臭との関係が明らかにされているわけですが、スカトールのような低揮発性の成分は研究対象となりにくかったようです。でも口臭にはVSC...
口臭成分〜インドール
口臭成分の一つであるインドールは甘ったるい薬品のような刺激臭ですが、口腔内で悪臭となると糞尿のような臭いにもなるようです。インドールのことを調べていくと不思議な成分であることがわかります。インドールは口臭成分なので悪者だとばかり思っていましたが、非常に濃度が低い場合には花のような香りがあり、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分はインドールなんです。香水や芳香剤もインドールが合成されているということですから、不思議な口臭成分のような気がしますよね。インドールはブロッコリー、キャベツ、小松菜...
口臭成分〜アンモニア
アンモニアも口臭の原因となる成分のひとつです。アンモニアはトイレや尿のような独特の臭いがして臭い物質の代表格として扱われていますが、口臭としてこの臭いがするときは特に気を付けたほうが良いでしょう。まず、一つの原因として歯周病が考えられます。アンモニアは歯垢や歯石にも多く含まれ、口腔内が歯周病になっているとオシッコ臭いニオイと、他の口臭物質と混ざることでさらに強い悪臭を生み出すことになります。また、アンモニアの口臭がする時はもっと怖い病気が考えられます。それは肝不全による肝硬変や重症腎機能障害(腎...
口臭成分〜アセトン
口臭成分の一つであるアセトンについて説明します。その前に、口臭が発生するほとんどのケースは、口腔内に存在する微生物の分解酵素や唾液中に含まれる酵素が基質を分解してしまうことによって臭うことを知ってください。そして、口臭原因の約1割が病気的口臭であることも事実で、口臭の臭いが異臭であるときは病気を疑ってほしいと思います。アセトンによる口臭のニオイの感じ方は、甘ったるいニオイであったり、すえたようなニオイ、薬品のニオイ、二日酔いのようなニオイがします。その中で、柿の腐ったような甘ったるいニオイがする...
口臭成分〜アミン類
口臭の成分としてアミン類というのがあります。アミンというのはアンモニアの水素原子を炭化水素基で置換した化合物の総称で、アンモニアもアミンの一つになります。口臭としてアミン類の臭いはやはり強く、魚や肉が腐ったとのニオイ、精液のニオイ、ネズミの臭い、尿のニオイなどがします。アミン類はタンパク質の成分で食べ物の中に含まれ特に焼き魚、乾魚、塩魚などの魚介類や、食べ物外にもタバコ、精神安定剤、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、農薬などにも含まれているのです。アミン類はタンパク質が分解されて作られますので、歯磨きが不...
口臭成分〜揮発性低級脂肪酸
口臭成分である揮発性低級脂肪酸について説明します。「VSC以外の口臭成分〜イソ吉草酸」でもお伝えしましたが、イソ吉草酸も揮発性低級脂肪酸の一つです。揮発性低級脂肪酸は糖質に多く含まれるグルコースが嫌気性菌(空気(=酸素)のない条件下で生育する細菌)によって分解されるときにつくられる口臭成分で酢酸や酪酸などを含みます。どういう臭いがするのかというと、納豆やチーズが発酵したようなかなり鼻につく異臭で、アンモニアやVSCよりはマシですが、汗や靴の中の蒸れたような臭いでもあり、長くは我慢できない悪臭です...
口臭成分〜揮発性酸
口臭成分の揮発性酸もかなりの悪臭を放つ原因物質です。チーズや納豆が腐ったような臭いがするので、この口臭を持つ人にはあまり近付きたくなくなります。揮発性酸は口腔内の食さ(食べ物の残りカス)、舌苔(ぜったい)、歯垢、歯石などが、様々な酵素によって発酵・分解(腐敗作用)をすることにより常温常圧で揮発するガス(口臭)のことです。揮発性酸が生成される時の酵素としては、唾液腺から分泌される消化酵素であるアミラーゼや唾液や、口腔内の上皮細胞に含まれ尿素をアンモニアと二酸化炭素とに加水分解する反応を触媒するウレ...
口臭成分〜エタノール
口臭成分のひとつとしてエタノールがあります。エタノールはエチルアルコール(ethyl alcohol)とも呼ばれ、実験や消毒液にも良く使われているので、名前をご存知の方も多いでしょう。エタノールもまた口臭の原因となる悪臭を放つ成分で、その臭いは酒臭くて甘酸っぱいものになります。酒臭いにおいをさせている人の傍には近寄りたくないものですよね。飲酒による口臭の原因となるエタノールは、体内で中間代謝物としてアセトアルデヒドが形成されます。さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸などの酸に分解されるの...
口臭成分〜メタノール
メタノールもエタノールと同じように口臭成分のひとつとしてよく知られています。メタノールはアルコールの一種であり、メチルアルコールと言えばアルコールランプなどの燃料として聞いたことがある人も多いでしょう。それに燃料電池である水素の供給源としても知られていますよね。でも、このメタノールは体内では甘酸っぱいにおいや酒臭いにおいになり、口臭として嫌われる臭いを放ってしまいます。メタノール口臭が発生する要因としては、歯垢が蓄積して歯周病になったとき、口腔内の新陳代謝ではがれた粘膜上皮あるいは血球成分などの...
口臭成分〜炭化物
口臭成分に炭化物というものがあります。炭化物とは何かを辞書で調べてみると、「炭素とそれより陽性の金属・珪素(けいそ)・硼素(ほうそ)などの元素との化合物。炭化カルシウム・炭化珪素など。」となっています。良く解かりませんが(笑)、代表的な飲み物であるコーヒーに炭化物成分が含まれ、その微粒子が舌の表面に舌苔(ぜったい)として付着するために口臭が発生するのだそうです。炭化物の臭いとしては、こげ臭くて煙草くさいという特徴があります。コーヒーの場合は酸味と渋みがありますが、コーヒー豆の微粒子が舌の表面に付...
口臭成分〜揮発性有機化合物
口臭成分である揮発性有機化合物について説明します。有機物と無機物という言葉は良く耳にしますが、有機化合物(有機物)といううのは一般的に炭素原子を含んでいる化合物を有機化合物といい、それ以外(炭素以外の元素)で構成される物質を無機化合物(無機物)と呼んでいます。人の体は有機化合物でできていて、常に化学反応を起こすことで生命活動を維持しているわけですが、化学反応によってできる化合物を有機物に分解する時に臭いが発生し、燃焼した後に出る二酸化炭素とともに息として体外へ排出されます。有機化合物は40万種以...
口臭とおなら
口臭がおならのような臭いがすることがあります。おならが肛門から出ずに口臭として口から出てくるのでしょうか?その答えは×です。「口臭の原因−便秘」で説明しているように、腸内で発生したおなら(悪臭ガス)は十二指腸できっちりと遮断され、強力な胃酸のために細菌による発酵臭もありません。でも、実際にはインドールやスカトール、アンモニアなどの便臭の口臭がありますよね。これは腸の働きと肝臓の働きが関係しています。腸の中には何百種類何兆個もの細菌がいて、アンモニア、硫化水素、インドールなどの悪臭ガスを生産するの...