あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭とは

口臭(こうしゅう)とは、人間や動物の口内と吐く息によって出される悪臭です。
口内には微生物があって、これが作るガスと、肺や胃から出てきた臭気ガスとが入り混じって、口呼吸によって口外へ排出されるもの、と言えます。

 

口臭は、「ウィキペディア(Wikipedia)」によれば、生理的口臭(一時的なものを含む)と病的口臭(慢性的なもの)に分けられています。

 

口臭の多くがこの生理的口臭にあてはまり、健康状態や年齢性別に関わりなく起こる口の臭いで、口の中が不快な感じになるため、病的口臭に比べて自覚症状があるケースが多く、生活リズムや習慣、精神状態などに応じて口臭が発生します。
例として食べ物や舌苔、強いストレスや睡眠などによる口内の乾燥、喫煙によるもの、などがあります。

 

一方、病的口臭というのは、歯科的な原因によるものが多くて、虫歯や歯周病など口の中にある細菌の繁殖によるものがあります。
また、慢性鼻炎、気管支炎、胃潰瘍、肝炎、糖尿病のような内科学的疾病が原因となっている場合もあります。
口臭の発生原因は口の中の病気が9割以上とほとんどで、全身的疾患(内科的、耳鼻科的な病気など)が原因で発生するものは1割にも達しません。

 

通常の健康的な生活をしている時に口臭がする場合は、たいてい歯と歯の間に食べもののかすが溜っていることが多いですよね?
私の場合、口の中が不潔な状態になって気持ちも悪いので、食後には歯磨きするように心がけているのですが、油を含んだタマネギやニンニクなどのにおい成分は、血流に乗って肺に入り、息となって吐き出されるので、歯磨きをしても消すことはできないので困りものです。

 

病気による口臭を生じるものについて、例をあげますと、肝不全によって起こる口臭はネズミのようなニオイです。
腎不全による口臭は尿のようなニオイがし、呼吸器疾患によるものは生臭いニオイがします。
また、治療を行っていない重症の糖尿病の人の口臭は、甘酸っぱいニオイがするそうです。

 

口臭には、もうひとつ心因性口臭という分け方があります。
口臭には、実際に口臭(口の臭さ)がある場合と、実際には口臭がないのに口臭があると思い込んでしまう場合とがあって、心因性口臭は後者を指します。

 

心因性口臭になりやすいタイプは、大げさに心配しすぎる傾向のある人です。
職場や学校での人間関係からストレスがたまり、口臭がないか不安になり、強迫観念にかられてしまいます。
また、統合失調症などの重症の精神障害によって起こる場合があります。
症状によっては、心理療法士などの診察を受けるほうが良いと思います。

口臭とは関連エントリー

口臭とは
口臭とは、人間や動物の口内と吐く息によって出される悪臭です。 口臭は生理的口臭と病的口臭に分けられ・・・・