あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭チェッカー

口臭予防対策グッズとして口臭チェッカーについてお伝えします。
自分の口臭がどの程度するのか気になって仕方がないという方は、口臭外来を受診して口臭検査してもらうのが一番の方法です。

 

ただ、口臭検査を専門的に行う病院・歯科医院はまだそれほど多くありませんし時間も費用もかかりますから、そんなときは手軽に口臭チェックを行うことができる口臭チェッカーを使ってみるのも一つの方法です。

 

歯科医院が使う様な口臭測定器は一台15万円〜50万円以上しますが、口臭チェッカーは街の家電量販店やネットショップなどで簡単に入手でき値段も数千円程度です。
最近の口臭チェッカーは性能が良くなっていますから、自分の口臭レベルをのある程度を知るには役立つと思います。

 

タニタというメーカーのブレスチェッカーを例にとると、
使い方はすごく簡単でセンサーに息を吹きかけるだけで、
レベル0:口臭は感じません
レベル1:弱い口臭を感じます
レベル2:口臭を感じます
レベル3:強い口臭を感じるときがあります
レベル4:強い口臭を感じます
レベル5:非常に強い口臭を感じます
というように6段階で臭いの強さが表示されます。

 

ただし、ブレスチェッカーは口臭以外のガスや香水、歯磨き剤、生ゴミの臭い、革製品の臭いなどにも敏感に反応するようなので、臭いのある場所や風のあるところでは正確に測定できません。

 

私見的には口臭チェッカーは口臭対策グッズとしてとても実用性のある製品だと思いますが、測定結果を信じ込むことは避けた方が良いでしょう。
なぜかというと、ブレスチェッカーで常にレベル3やレベル4が表示されるという人でも、家族に臭いを嗅いでもらうとそれほど気になる臭いはしないということも多いからです。

 

普段はレベル1なのに今回は突然レベル4に上がったというときなどは、ちょっと気を付けた方が良いかもしれませんが、表示結果はあくまで目安にして他人に口臭判断してもらうことが必要だと思います。

 

口臭というのは一日の間でも寝起きと昼間でもその強さが違いますし、のどが渇いている時、空腹時、食後、日によっても、体調によっても違ってきます。
でも、自分でちゃんと口腔内ケアができていると思っているのにいつも悪い結果が出るときは、歯科医院でチェックしてもらった方が良いでしょう。

 

例えば歯にかぶせた金属の内側(歯磨きできないところ)に汚れが溜まっているということも考えられますし、歯槽膿漏とか内臓の病気にかかっていることも考えられるので、歯の定期検診のつもりで口臭を相談されてみてください。

口臭チェッカー関連エントリー

舌クリーナー(舌ブラシ)
舌クリーナーは口臭予防・口臭対策に効果的なグッズです。 口臭原因の90%は口内環境にあると言われ・・・・
電動歯ブラシ
電動歯ブラシといってもいくつかの種類がありますから、その特徴をよく理解して選んでいださい。
デンタルリンス
デンタルリンスの口臭予防・口臭対策効果についてお話します・・・・
銀イオン歯ブラシ
銀イオン歯ブラシで口臭予防することができます。 銀イオン歯ブラシは歯ブラシに・・・・
AP水(電気分解水)
口臭予防対策グッズとして「AP水(電気分解水)」も使えそうです。
口臭チェッカー
口臭予防対策グッズとして口臭チェッカーについてお伝えします。
マウスコンディショナー
口臭予防対策グッズとしてマウスコンディショナーというのがあります。 マウスコンディショナーも・・・・
タブレット
タブレットは一時的に口臭を抑える口臭対策グッズとして手軽に利用でき人気が高いです・・・・
ガムの口臭予防効果
ガムを噛むことで唾液の分泌が促進されるので、唾液に含まれるリゾチームによって細菌を・・・・
ブレスケア(小林製薬)
口臭対策にブレスケアを使用している人は多いでしょう。 ブレスケアは・・・・
口臭予防にメディカルドロップ
口臭予防・対策にメディカルドロップというのがあるのでご紹介します・・・・
セラブレスのマウススプレー
口臭予防対策グッズとしてのマウススプレーは、と手放せなくなるグッズの一つで・・・・