あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

電動歯ブラシ

口臭予防・口臭対策グッズというと電動歯ブラシのことを思いつくでしょう?
一口に電動歯ブラシといってもいくつかの種類があり、また様々な国内外メーカーから販売されていますから、その特徴をよく理解して選びたいものです。

 

口臭予防・口臭対策の基本と言えば、歯磨きに間違いないと思います。
でも、口臭発生の原因の多くは食べかすや歯垢ですが、自分の手でゴシゴシ磨くのは時間もかかり結構大変で、歯科医が指導するように正しく磨ける人は少ないのではないでしょうか?

 

そんな時に電動歯ブラシをうまく活用すれば充分な口臭予防効果を上げることができます。
家電店などでよく見かける電動歯ブラシの種類としては、大きく3つに分けることができます。
その特徴を簡単に説明しますと、

 

@振動歯ブラシ
これは一般的な電動歯ブラシで価格も安いものも多く、千円未満から1万円を越えるものまで様々です。
振動歯ブラシは単純にブラシ部分が振動したり回転したりするもので、歯垢を落とす効果があります。
価格の高めの振動歯ブラシでは約5000回/分くらい振動します。
ただし、あまり安価ものは振動数や回転数が少なくて手で磨くのとほとんど変わらなかったり、ブラシ部分が交換できずに使い捨てになってコストが逆にかかりすぎるものなどもあります。
せっかく買ったのに歯垢が落ちず口臭予防にならないということのないよう、購入の際は良く検討してください。

 

A音波歯ブラシ
音波歯ブラシは振動歯ブラシよりも高速で振動し約30000回/分も振動するため、初めての方はびっくりするかもしれませんが、手をほとんど動かすことなくブラシを歯に当てるだけで歯垢除去効果が期待できます。
また音波歯ブラシは歯茎をマッサージするような使い方ができ、歯茎の引き締め効果から、歯周病予防も期待できます。
価格的には安くても10,000円からになりますが、ブラシは交換式になっているものがほとんどですから、本体を家族で共用してブラシは自分専用のもの使うようにすれば、逆に振動歯ブラシよりコストを低くすることができるかもしれません。

 

B超音波歯ブラシ
超音波歯ブラシというのは音波歯ブラシよりもさらに振動数が多く、160〜200万Hzくらいの高い周波数が発生しますので、振動しているのが解らないかもしれません。
振動幅が小さいために通常の歯磨き効果はなく、その場合は手を動かす必要がありますが、超音波で細菌を破壊することができます。
そのため、歯の汚れを取るには音波歯ブラシの方が有利になりますが、歯周病が進行してしまっている人には歯茎の皮膚や骨の治癒力を高め歯肉の細胞を活性化させることができるので、歯周病による口臭が発生している場合は効果が期待できます。
ただし、価格は15000円以上のものが多く高価です。

 

 

以上のことから、電動歯ブラシは歯垢除去する効果や歯周病対策としては優れていて口臭予防に効果があると言えるでしょうが、あえて弱点をいうと、歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯垢や細かい食べかすは残りがちになるため、歯間ブラシやデンタルフロスを併用する方が良いと思います。

電動歯ブラシ関連エントリー

舌クリーナー(舌ブラシ)
舌クリーナーは口臭予防・口臭対策に効果的なグッズです。 口臭原因の90%は口内環境にあると言われ・・・・
電動歯ブラシ
電動歯ブラシといってもいくつかの種類がありますから、その特徴をよく理解して選んでいださい。
デンタルリンス
デンタルリンスの口臭予防・口臭対策効果についてお話します・・・・
銀イオン歯ブラシ
銀イオン歯ブラシで口臭予防することができます。 銀イオン歯ブラシは歯ブラシに・・・・
AP水(電気分解水)
口臭予防対策グッズとして「AP水(電気分解水)」も使えそうです。
口臭チェッカー
口臭予防対策グッズとして口臭チェッカーについてお伝えします。
マウスコンディショナー
口臭予防対策グッズとしてマウスコンディショナーというのがあります。 マウスコンディショナーも・・・・
タブレット
タブレットは一時的に口臭を抑える口臭対策グッズとして手軽に利用でき人気が高いです・・・・
ガムの口臭予防効果
ガムを噛むことで唾液の分泌が促進されるので、唾液に含まれるリゾチームによって細菌を・・・・
ブレスケア(小林製薬)
口臭対策にブレスケアを使用している人は多いでしょう。 ブレスケアは・・・・
口臭予防にメディカルドロップ
口臭予防・対策にメディカルドロップというのがあるのでご紹介します・・・・
セラブレスのマウススプレー
口臭予防対策グッズとしてのマウススプレーは、と手放せなくなるグッズの一つで・・・・