あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

口臭の原因−膿栓

口臭の原因の一つに膿栓があるのですが、膿栓というのをご存知ですか?
私たちの喉の奥には、口蓋扁桃(こうがいへんとう)と扁桃腺(へんとうせん)があって、口の中へ進入してくる細菌やウイルスなどを消滅させ、体内への侵入を防ぐ働きがあります。
その働きで、扁桃腺表面にある腺窩(せんか)と呼ばれる小さな穴に、細菌の死骸や食物のかすなどが溜まりますが、これを膿栓と呼びます。

 

膿栓は別名をくさい玉とかにおい玉などと呼ばれていて、咳をしたときなどに何か白いまたは黄色い球状の塊が出たことがあると思いますが、結構強いニオイがしますよね。
これが口臭の原因なんです。

 

この口臭の元となるくさい玉、大きさはせいぜい直径3〜5mm程度です。
扁桃腺の形状などによって個人差があって、膿栓が体外に出やすい人とそうでない人はあれど、だれでも膿栓はできます。
しかし、一度除去しても慢性炎症が続いていれば1〜2週間で再び膿栓が出来てしまい、また口臭がしてしまいます。

 

特に冬場は空気が乾燥していますから、細菌の付着した塵やほこりが舞い上がりやすくなるので、膿栓の量が多くなるそうです。
膿栓そのものが体に悪い影響をおよぼすことはありませんが、嫌なにおいを放つ口臭の原因であるため、発生は抑えたいですね。

 

(口臭の予防と対策)
まず、口臭がするのに、口臭の原因に多い飲酒臭いの強い食べ物唾液の減少虫歯歯周病とは考えにくい場合は、もしかしたら膿栓が原因かも知れませんからチェックしてみましょう。
予防方法としては、うがいをして口の中のホコリなどを出すことと、歯磨きをきちんとすることです。
うがいについては、特にお茶(緑茶や紅茶など)でうがいをすると口腔内の汚れを除去してくれると同時に、お茶のカテキンが細菌の増殖を抑制してくれますので効果的ですよ♪

 

扁桃腺や粘膜はデリケートなもので、傷つけやすいですから、耳鼻咽喉科などで取ってもらうようにしょう。
セキやくしゃみと同時にとれることもありますが、口を開けて鏡で確認できるほどに大きくなっている場合は、入浴した時にシャワーの水圧を少し強めに当ててみると取れることがあり、扁桃腺も傷つけないし、良い方法だと思います。
口内の食べカスや汚れは丁寧な歯磨きできれいにし、補助的にデンタルフロス歯間ブラシでしっかり取りましょうね。

口臭の原因−膿栓関連エントリー

口臭の原因−唾液とバクテリア
私たちの口の中は、通常は唾液で保たれていますよね。 唾液にはいろいろな働きがあります。 食べたものの消化を助けるだけでなく・・・・
口臭の原因−唾液の減少(年齢)
唾液の働きには、口臭を抑え、食べ物を消化したり、食べ物の表面をやわらかくして、咀嚼と嚥下を容易にしてくれる働きや・・・・
口臭の原因−唾液の減少(ストレス)
唾液の減少は口臭を増長させてしまう原因となりますが、1日にどれくらい唾液が出ていると思いますか? 成人の場合、1日の唾液の分泌量は・・・・
口臭の原因−唾液の減少(口呼吸)
最近は口から空気を吸って吐く人(口呼吸=こうこきゅう)が増えてきているそうです。 口呼吸は口臭を発生させやすくなるのですが・・・・
口臭の原因−便秘
口臭の原因について調べていると、なぜか便秘(オナラ)が口臭の原因だとする説が結構出てくるんです。 便秘症のひとの口臭はオナラ臭い?・・・・
口臭の原因−膿栓
口臭の原因の一つに膿栓があるのですが、膿栓というのをご存知ですか? 私たちの喉の奥には、口蓋扁桃と扁桃腺があって・・・・
口臭の原因−消化不良
消化不良が原因で口臭が発生しているケースが多く見られるようです。 食事中や食後に、なぜだか口から・・・・
口臭の原因−ゲップ
胃の中が消化不良などで荒れていると、ゲップも口臭と同じように嫌なニオイがします。 ゲップも口臭と同じくいい感じはしませんが・・・・
口臭の原因−免疫力低下
体の免疫力が低下してくると口臭の原因になってくることがあります。 健康なときは全然口臭などしなかったのに、免疫力が低下すると普段と変わらない生活を・・・・