あなたの口臭は大丈夫ですか?(ドキッ)

スポンサードリンク

慢性胃炎が口臭の原因

口臭の原因のなかで、呼吸器疾患と並んで多いのが、胃腸疾患です。
口腔内に原因がなく、口臭が発生している場合は胃腸や内臓に障害がある可能性があります。
通常は、ニンニクなどの悪臭を発する飲食物を食べた場合、臭いの物質が消化過程で腸管から吸収され、血液の流れにのり、肺から悪臭ガスとして排泄され口臭となるのですが、これは一過性のもので病的なものではありません。

 

それが病的口臭の場合、慢性胃炎、無酸症、胃拡張、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガンなどがあると、どうしても消化不良をおこすので、飲食物が胃の中での停滞し異常発酵がおこり、悪臭の持つ食物を食べた時と同じ経過をたどって口臭となります。
慢性胃炎などの胃腸の病気が原因の口臭は、卵の腐ったようなニオイがするのが特徴です。

 

次に、慢性胃炎についてもう少し詳しく見てみましょう。
慢性胃炎は、胃粘膜や胃液分泌腺が萎縮する病気で、胃がん、胃・十二指腸潰瘍などの病気に伴って起きる「随伴性慢性胃炎」と、ほかの病気もなく炎症だけが起きる「特発性慢性胃炎」との2種類があります。
症状としては、食欲不振、消化不良、胃もたれ感や胸やけ、口臭を伴うげっぷ、鈍い胃の痛み、吐き気や嘔吐などです。
慢性胃炎は、胃粘膜が萎縮し変化していく過程で、炎症が起きたり、びらんができるために起こるのですが、胃粘膜の萎縮は老化現象の一つとして進行するため40〜50歳代以降の人には多くみられる病気です。

 

原因となる胃粘膜や胃液分泌腺がなぜ萎縮するのかはっきり分かっていませんが、特発性慢性胃炎の場合は、暴飲暴食、香辛料などの刺激物の摂りすぎ、アスピリンなどの薬の服用、タバコ、偏った食事、便秘、睡眠不足、ストレスなどが影響して起こるといわれています。
また、胃の中は強い酸性に保たれているので、胃の中に生物は住めないと長年考えられていましたが、1980年代に胃粘膜の中に生息する「ヘリコバクター・ピロリ菌」という細菌の存在が明らかになり、この菌がつくりだすさまざまな物質によって粘膜が刺激を受け、胃炎・胃潰瘍などが引き起こされることがわかってきました。
さらに、慢性胃炎を患うとと厚い汚れた灰白色の舌苔(ぜったい)になりますが、この舌苔も口臭の大きな原因となります。

 

慢性胃炎は、早期発見が鍵となります。
胃部レントゲン検査によって胃粘膜の萎縮の状態や範囲を調べ、胃内視鏡検査によって胃粘膜を直接観察します。
症状である、胸やけ、食欲不振、胃もたれ、胃や腹部の不快感などを感じたら、消化器内科を受診しましょう。

 

それと普段の生活習慣の見直しが大切ですね。
・食事は規則ただしく決まった時間に摂る
・動物性脂肪や蛋白質の食事を摂り過ぎない
牛乳、卵の動物性たんぱく質及び豆腐などの植物性たんぱく質を積極的に摂る
・繊維の多い野菜はよく煮る
・肉や魚はミンチにするか細かく切る
・香辛料などの刺激物やアルコールや炭酸飲料など胃を刺激するものは控える
タバコを控える
・十分な睡眠時間の確保
また、現代はストレス過多時代といえるので、ストレスが原因となって慢性胃炎や潰瘍をおこす人が増えおり、ストレスを溜めないような対策も必要です。

 

(口臭の予防と対策)
慢性胃炎による口臭を治すには、元の病気を治す必要があります。
消化器系(胃・食道・腸など)の病気は、口臭などとは言っていられない生命に関わる大きな問題になる可能性がありますので、病院で詳しく診察を受けてくださいね。

 

最近はデンタルリンス(マウスウォッシュ洗口液)をはじめとして様々な「ブレスケア」商品も出ていますが、「口臭」を考える上で大切な事は、あまり気にしすぎない事。
それでも家族等から客観的に指摘された場合は以上の事から、もう一度「口臭」の原因を探ってみてはいかがでしょうか?

慢性胃炎が口臭の原因関連エントリー

呼吸器系疾患が口臭の原因
呼吸器系の疾患が口臭のひとつの原因となることがあります。 病気が原因で口臭のある場合、その原因の80%以上が・・・・
耳鼻咽喉系疾患が口臭の原因
口臭の原因として耳鼻咽喉系疾患が悪い場合も珍しくありません。 耳鼻咽喉系疾患にはどのようなものがあるかといいますと・・・・
消化器系疾患が口臭の原因
消化器系疾患が口臭の原因になる場合があります。 消化器系疾患には食堂憩室、食堂狭窄、慢性胃拡張症、胃炎などがあって・・・・
糖尿病が口臭の原因
糖尿病が口臭の原因となる場合がありますのでお伝えしたいと思います。 糖尿病による口臭はアセトン臭、ケトン臭・・・・
肝硬変が口臭の原因
肝硬変が原因で口臭を発生することがあります。 肝硬変も糖尿病と同じように代謝性疾患のひとつで・・・・
尿毒症が口臭の原因
口臭の原因が代謝系疾患にある場合も見受けられますが、代謝系疾患の中でも尿毒症が口臭の原因になっていることがあります。 尿毒症や・・・・
慢性胃炎が口臭の原因
口臭の原因のなかで、呼吸器疾患と並んで多いのが、胃腸疾患です。 口腔内に原因がなく、口臭が発生している場合は胃腸や・・・・
腸内疾患が口臭の原因
口腔内に原因がなく、口臭が発生している場合は胃腸や内臓に障害がある可能性があります。 腸内の疾患には、急性腸炎、慢性腸炎、腸閉塞、虫垂炎・・・・
気管支炎が口臭の原因
呼吸器系の病気である気管支カタル、慢性気管支炎、などで病気が進むと口臭が出る場合があります。 気管支炎というのは・・・・
慢性腎臓病(CKD)が口臭の原因
慢性腎臓病(CKD)というのは 腎臓の機能が低下して、腎臓が障害をおこした状態のことで、 腎臓が悪いことに加えて・・・・
肝疾患が口臭の原因
肝臓の病気には肝脂肪、肝炎、肝硬変、肝臓ガンなどがありますが、肝臓の機能が低下することとによって口臭を発生させてしまいます。
副鼻腔炎が口臭の原因
口臭の種類として、慢性副鼻腔炎や上咽頭炎など、鼻に炎症や細菌感染があると、ウミのような鼻汁や後鼻漏が見られ、これらが口臭の・・・・
舌痛症が口臭の原因
「舌が痛い」「お口の中がいたい」などの症状の病気を舌痛症(ぜっつうしょう)といいます。 この舌痛症が口臭をひきおこすことがあるのです。
魚臭症候群
魚臭症候群というのは、魚などに多く含まれるレシチンという脂質がありますが、これを体内で消化分解すると、「トリメチルアミン」という魚臭に似たニオイ物質に・・・・
風邪による口臭
風邪をひいてしまった時って何か口の中がネバネバして、自分でも口臭がしていると気付いたことはないでしょうか? 風邪をひくと熱で頭がぼーっとしてきますし・・・・
味覚障害による口臭
味覚障害が口臭の原因になっている場合があるのをご存知ですか。 味覚障害というのは「何を食べても味がしない」「美味しいと感じない」などが一般的な症状で・・・・